M.A.R.T.

JOY 耐 2016

7/2-3 Twing Ring Motegi

昨年は、ポールポジションからの総合優勝と、ほぼ全ての賞を総ナメにした福田ソーラーS2000(FSNSポテンザSPMWMFK)!今年は、メンバーにスーパー耐久でS2000を操る松井選手を加え、万全の体制で連覇という偉業に挑んだチームでしたが、そう簡単には優勝できないのがJOY耐…。予選では、Aドライバーのゴッツがトラブルに見舞われるも、松井選手の渾身のアタックで総合4番手をゲット。迎えた決勝では、昨年同様痺れるバトルを、ライバルの#27ちっちロードスターと繰り広げていたのですが、思わぬ伏兵、同じガレージFK仲間である、ガレージFK☆SPM☆ヴィッツの「これぞヴィッツマイスターの走り!」というコレクティブなレース展開の前に連覇の夢は絶たれ…、総合4位となりました。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.03 SUZUKA

スーパー耐久第3戦、舞台は聖地鈴鹿サーキット。第2戦ではSCの関係で満足に走行できなかったゴッツでしたが、見せ場は第3戦の予選で訪れました。ST-2クラスで、6号車のヤスくん(菊地靖)に次ぐ2番手のタイムを記録し、Aドライバーの学くんとの合算タイムで見事ライバルを逆転し3戦連続のポールポジション(1ポイント)を獲得しました。迎えた決勝では、6号車との競り合いが続く中、ピットでのトラブルにより、惜しくも2番手フィニッシュ。シリーズランキングでは、なんとかトップを死守するも、シリーズ制覇に向けて気の抜けないレースが続きそうです。次戦は富士スピードウェイで、シリーズ最長となる9時間レースを戦います。
皆さんの応援、よろしくお願いします。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.02 Sportsland SUGO

スーパー耐久第2戦の舞台はスポーツランドSUGO。開幕戦では、見事ポールトゥウィンを飾ったTOWA Intecでしたが、第2戦では、SCが3度も投入される波乱の展開に大苦戦。それでも、Aドライバーの学くんの活躍もあり、なんとか3位表彰台を獲得することができました。今回は、SCの関係で満足に走行できなかったゴッツですが、シリーズ制覇のためにも、次の第3戦は絶対に落とせないレースとなりそうなだけに、聖地鈴鹿でのレースで、存在感を発揮してくれるハズ。
皆さんの応援、よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.01 TwinRing Motegi

2年ぶりにスーパー耐久の舞台に舞い戻ったゴッツ。参加するのは、ST-2クラスで3年連続のチャンピオンに輝く強豪チーム・TOWA Intec! 果たしてゴッツは、ST-2クラス最速のマシンSUBARU WRXを乗りこなし、チャンピオンチームにふさわしい走りを見せることができるのか、ゴッツ本人も周囲の仲間たちも神経を尖らせながら迎えた茂木での開幕戦。ゴッツは予選からミスないコレクティブな走りを披露、Aドライバーの学くんの活躍もあり、見事に復帰初戦をポールトゥフィニッシュという完璧な結果で終えることができました。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

GR 86/BRZ Race

TGRF2015 Fujispeedway

2015年シーズンの上位ランカーによるGR 86/BRZ Race特別戦がTGRF2015(TOYOTA GAZOO RACING FESTIVAL 2015)(11/22)のイベントレースとして開催されました。得意の富士スピードウェイでのレースとあって、予選は今季ベストとなる9番手と、好発進のゴッツでしたが、決勝ではプロクラス上位ランカーの猛者たちに競り負けてしまい13位フィニッシュ…。あと一歩のところでベスト10に届かず…、今シーズンのプロクラスの厳しさを象徴するようなレースとなりました。

シーズンを通じて、1ポイントも獲得できないという厳しい結果となってしまいましたが、SEV・POTENZA・Prodriveをはじめとするスポンサーの皆様、応援にきてくれた皆様のおかげで、プロレーサーたちとコース上で堂々のバトルを繰り広げることができました。GR 86/BRZ Raceの挑戦は2015年シーズンで終了となりますが、 M.A.R.T.はこれからもサーキットを走り続けますので、応援よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

GR 86/BRZ Race

Rd.08 Suzuka Circuit

聖地鈴鹿サーキットでの2015年シーズン最終戦。応援してくれているみんなのためにも何とかポイントをゲットしたいゴッツでしたが、予選は今季ワーストの32番手…気合が空回りしたのか、セッティングに煮詰まったのか、決勝での巻き返しも叶わず31位でフィニッシュとなりました。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

GR 86/BRZ Race

Rd.07 Fujispeedway

予選22番手のゴッツ、決勝では、レース中盤に後続に押し出され、まさかのリタイア!

実力が拮抗している10〜20番台の争いは、其処彼処でバトルが繰り広げられるもっとも熾烈なゾーン。予選で前に出ることさえできれば、一気にポイント圏内も狙えるのだが…。鈴鹿での最終戦では、課題の予選をクリアして、なんとか1Pを目指して走り抜けたい!

第8戦の舞台は鈴鹿サーキット(11/7-8)。ゴッツの初ポイントゲットに期待してください。
応援よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.